創作の世界観について

十二仔とは


肌は貝殻、骨は珊瑚、命は真珠、体内は宝石、
そして動物の遺伝子が組み合わさっており、それぞれ動物の特徴持った人型の鉱物です。

主成分は炭酸カルシウム(CaCO3)です。


現在は全部で12人存在しているので、みんなで十二仔と呼んでいます。




宝石、貴金属、海の宝物が大好きで、それらを栄養にして生きています。
それぞれ色のヒーリング効果をもっています。



変化する姿について

普段は少年少女のお人形のような人型の姿ですが、
ぬいぐるみのような小さい獣型の姿にも変身できます。


心の性別は中性的、少女的なタイプがあります。
それぞれ6人ずついるので、中性組、少女組とも呼んだりします。


身体は華奢でとても細く、女性的な胸はないようです。
上半身が少年で、下半身は少女にも見えます。


精神年齢は様々ですが、歳を重ねても見た目の歳はとりません。



宝石を形成する生命体です

彼らは宝石として扱われる鉱物類、珊瑚や真珠などを身体に形成しています。

十二仔たち本人にとっては美しくても不自由でもあります。
宝石は希少でとても綺麗なため、他の者に狙われてしまいます。



炭酸カルシウム、体の物質について

炭酸カルシウム(CaCO3)は貝殻や珊瑚を形成しているものです。
鉱物名ではカルサイト(方解石)とアラゴナイト(あられ石)があります。


動物の毛のようにもふもふ、人間姿の肌(人間でいうと皮膚の部分)はすべすべなのは、
これはとても繊細で柔らかい炭酸カルシウムだからです。

この白い炭酸カルシウムの皮膚の下、体内はとても綺麗な宝石状の結晶をたくさん形成しています。


骨、骨格は宝石サンゴでできています。(血赤珊瑚、紅珊瑚、桃色珊瑚、白珊瑚など)

また、耳の中の血管のようなものが見えますが、これは柔らかいサンゴです。


体の表面にも宝石サンゴを形成することもでき、背中に翼のような形を作ることもあります。

継続時間は短いので、すぐに壊れてしまいます。



鉱物の色でカラーリング

彼らは自分で体の色素を作ることができません。

本来はアルビノなので、鉱物の色により色素を取り入れます。


鉱物や宝石を体の近くに置いたり触れさせておくことで鉱物の色素が体に染まり、
栄養となるミネラルも同時に吸収しているようです。


すると、髪や瞳、獣耳や尻尾などに鉱物の色が表れます。
肌は白いままですが、体内の結晶に色は付き、表面からもうっすらと色が見えます。


長い間鉱物がそばにないと、色素が次第になくなっていき、元気もなくなってしまいます。

色素がないときは白から半透明〜淡紅色っぽい色をしています。
瞳は中央が白く反射していますが、瞳孔の色はサンゴ色が透けて赤っぽく見えます。



命について

彼らには寿命がありません。

どんなに割れたり壊れたり、削られ続けても、サンゴ砂に混ぜた潮水に浸かれば徐々に元の姿に回復します。
簡単に言えば海の中でも回復します。

欠損部分の形があればくっつけて治りますが、粉々だったり紛失してしまうと、再生には時間がかかります。



しかし、不死ではありません。

体内には命に関わる真珠核というものが5つあるらしいです。
それぞれ記憶、感情、心臓、神経、感覚を司ります。とても小さな球体です。


心臓の真珠核さえあれば、生きることだけはできますが、それさえ壊されてしまえば...

その時が、死ということになります。



食べるもの

貝殻を細かくしたものを主食に食べています。

珊瑚礁も好物ですが、砂浜に打ち上がったもののみ食べます。

乾燥したヒトデ、ウニ、カシパン類という棘皮動物の殻や、
星の砂なども貝やサンゴの成分と似ているのでおやつ感覚に好みます。

鉱物の中で食べるものは岩塩です。
人間が普段食べるものもきっと...食べることはできます。




その他、好むもの

彼らは陸上の動物のような特徴はありますが、炭酸カルシウムに関係する海のものに強く惹かれるようです。

人間には毒があり危険ですが、クラゲと一緒にいることも好みます。
宝石ではないほうの軟質サンゴ、ウミエラ、イソギンチャクなども大好きです。

アクセサリーや、きらきら光るもの、発光体が好きで、宝石ではなくても惹かれるようです。




名前について

彼らには決まった名前がありません。

名前の「あや」「さお」など人間らしい名前なのは、彼らが人間界を見たことがあり、人間の真似をして好きな名前を決めたようです。


お互い略したような呼び方もしており、現在の呼び方が定着しております。














以上現時点での設定です。

十二仔たちにご興味いただき、ありがとうございます。











*創作期間
2006年〜2019年


※この記事は随時更新しています。


Copyright (c)2006-2019 じゅね All Rights Reserved.